横浜の老人ホーム探し・空家管理・自宅売却ブログ | 横浜の老人ホーム探し・空家管理・自宅売却なら

よこはま住生活

ビジネスブログ

2019年01月23日 [成年後見 横浜]

成年後見人の役割について

成年後見人の役割とは、本人の意思を尊重して、生活状況をしっかり配慮しながら、財産を管理したり、必要となる契約を結んだりして本人を支援、保護することです。
したがって、介護や身の回りの世話をするのが後見人の仕事ではなく、本人の財産管理や契約などの法律行為に関するものに限られています。
たとえ親や親族関係にあっても、他人の財産をきちんと管理している意識を持ちながら成年後見人の仕事に取り組む必要があり、もちろん財産を自分のために運用することも、他の親族へ寄与、贈与することも認められていません。
もしも財産を不適切に管理した際には、成年後見人を解任され、損害賠償請求を受けるなどの罪に問われることもあります。
成年後見人は家庭裁判所の審判によって選出されるため、必ずしも申し立て時の成年後見人候補になるわけではありません。
本人の財産が一定額以上ある場合は、弁護士や司法書士などの専門職が成年後見人に選出されることもあります。
そうなると思わぬ費用が発生することもありますので、この制度自体を活用場合は、その辺も十分に考えた上で行動に移す必要があります。

成年後見制度のことも含めてよろしくお願いします


はじめは自分の意思で老人ホームへ入りたいと思っていましたが、最近会話がきちんと噛み合わなくなってきて精神科に連れて行くと、思っていた通りに認知症であることが判明しました。
こうなると予定も全然違ってくるため、老人ホーム以外の施設も視野に入れてトータル的に相談ができる機関を横浜市内で探して話を聞いてもらうと、成年後見制度についても詳しく教えてもらえて、心配事が一気に激減してようやく安心できました。
とりあえず現状の生活を維持することにしましたが、今後も状況に合わせていろいろ頼りにしていので、どうぞよろしくお願いします。


PageTop

不動産売却無料相談